保留テロ対策!Amazonセラーセントラルで代金引換とコンビニ決済をオフにする方法

どうも、内田です。

今回は、最近Amazonで頻発している保留テロの対策方法について解説します。

保留テロに合うと大きな損失に繋がりますので、当記事を参考に必ず対策をしておいてください。

1.保留テロとは?

保留テロとは、 Amazonで同じ商品を販売しているライバルセラーが行う嫌がらせ行為の一つです。

具体的には、自分がメインカートを独占して商品を売る為に、他のライバルの在庫を全て代金引換かコンビニ決済で購入して、購入代金を支払わずにそのまま保留状態で放置し、ライバルが困っている間に自分だけが何食わぬ顔で商品を販売して利益を得て、最終的にはライバルの在庫はそっくりそのまま返品する、という行為です。(最悪の場合、商品を全て開封された状態で返品されることもあります。)

「え、そんなことする人いるの?」と思うかも知れませんが、事実、本当にこのような悪質な行為を繰り返す輩はゴロゴロいます。

実際に私の周りでも、一度の注文で約100万円分、保留テロに合っている方がいらっしゃいます。

返品手数料だけで10万近く飛んでいきますので、かなり手痛いです。

人間として、ビジネスマンとして最低最悪で、非常に気分の悪い行為なので、私のブログを読んでくださっているあなたには、決してこのような行為はしないようにお願いしたいですね。

保留テロに合わないためにも、このブログ記事で示す方法で必ず対策をとってもらえればと思います。

2.保留テロの対策方法

保留テロを防ぐための手っ取り早い方法は、代金引換とコンビニ決済を設定しないことです。

決済の設定は Amazonセラーセントラルで行えます。

2−1.対策方法① Amazonセラーセントラルで代金引換とコンビニ決済をオフにする方法

まずは Amazonセラーセントラルへログインします。

「設定」→「出品用アカウント情報」の順にクリックします。

セラーセントラルログイン→設定→出品者アカウント情報 下矢印

「支払情報」の「支払い方法の設定(コンビニ払い)代金引換」をクリックします。

支払い情報の設定 下矢印

「代金引換を有効にする」と「コンビニ決済を有効にする」がオレンジになっている場合は有効になっている証拠なので、オレンジになっている人はボタン部分をクリックしてオフに切り替えます。(オフになっている場合はそのままで大丈夫です。)

代金引換・コンビニ決済をオフにする 下矢印

どちらもオフになっていることを確認した上で、「送信」をクリックします。

オフの状態で送信 下矢印

これで設定が完了です。

設定完了

2018/10/1 追記

コンサル生から質問がありましたので追記します。

まず、Amazon小口出品者登録をしている場合は、そもそも代金引換決済が使えませんのでボタン自体が表示されません。

また、Amazon大口出品者登録をしている場合も、アカウントを作ったばかりの新規の間は代金引換決済の設定ができない仕組みになっています。

ですので、こちらの場合もそもそも代金引換決済ボタンは表示されません。

そのまま2〜3ヶ月しっかりと販売実績を積み重ねると、設定できるようになりますので覚えておいてください。

また、新規アカウントで代金引換設定がない場合の保留テロ対策としては、コンビニ決済の設定オフと合わせて、指定商品の最大注文購入数を絞るという方法をおすすめします。

Amazonセラーセントラルで最大注文個数を設定する方法については、下記の記事を参照してください。

保留テロ対策② Amazonセラーセントラルで最大注文個数を設定する方法

2018.10.01
最大注文個数を絞る商品は、在庫の縦積みをしている商品のみを対象として設定するといいでしょう。

3.まとめ

保留テロの対策方法として、代金引換とコンビニ決済をオフにする方法をお伝えしましたが、実際のところはそれでも完全に防ぎ切ることは難しいと思います。

狙われてしまったら、起こるときには起こってしまいますので。

それでも、間違いなく少しだとしても抑止力には繋がるので、必ず設定するようにしておきましょう。

また、実際に保留テロに合った場合は、必ずすぐにテクニカルサポートへ相談しましょう。

泣き寝入りは完全に相手の思う壺になるので、「怪しいな…」そう思ったら迷わず即テクサポへ通報、相談するのがベストです。

当記事の内容で何か疑問・質問などありましたら、お気軽にLINE@からメッセージください。

それでは、今回は以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

19歳で大学中退後、PC1台で単身独立起業。試行錯誤の末、ネット通販事業が軌道に乗り晴れて自由の身に。現在は会社経営の傍ら自身の経験を元にした起業支援、経営コンサルティングに注力し多数のクライアントから師事されています。「目に見える成果をあなたに」をモットーに、日々精力的に活動中。