Pocket

どうも、内田です。

今回はウルトラディアンリズムを活用して仕事の生産性を効果的に高める方法という内容の動画となります。

ウルトラディアンリズムとは?

ウルトラディアンリズムとは、時間生物学という体内時計の研究をする学問の中で提唱されている概念で、元来から人間に備わるとされる体内時計に組み込まれている90分20分周期のことを言います。(ウルトラディアンリズムの別名、超日リズム)

有名なのは睡眠周期で、人間がレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返すのはこのウルトラディアンリズムによるものです。(新生児が寝たり起きたりを数時間起きに繰り返すのもウルトラディアンリズムによるもの)

ウルトラディアンリズムは集中力にも当てはまる!

実はこのウルトラディアンリズム。最近になり睡眠周期以外にも集中力にも当てはまるということが分かってきています。

その仕組みについて様々な研究をし解き明かしたのは精神生理学者のペレツ・レヴィー氏。

彼のユニークな研究の一つに世界のトップレベルのバイオリニストの練習時間とアマチュアバイオリニストの練習時間を観察したものがあります。

これは実に面白い研究結果が出ており、世界レベルのトップバイオリニストはみなウルトラディアンリズムに逆らわずに90分練習し20分の休息を取るリズムで毎日の練習を行っていることが分かったのです。

更にトップバイオリニストの練習時間は長くても1日4時間半までで、それに加えてアマチュアバイオリニストと比べて平均睡眠時間も長い上に必ず毎日少しの昼寝を取ることも分かりました。

それに対しアマチュアバイオリニストはウルトラディアンリズムを完全に無視したリズムで日々の練習を行っているという結果が出ています。

この研究結果には非常に驚かされますが、トップバイオリニストは自らの心の声を感覚的にしっかり捉えており、自らの集中力が途切れない様、自然にウルトラディアンリズムに沿ったアクションを取っているということが明確に分かります。

バイオリニストに限らずどんな世界でもトップを目指す人は圧倒的な練習量をこなし、睡眠時間に対してもストイックなケースが多いイメージですが、実は世界レベルのトップ層の人達は精神論、根性論ではなく、自身が認知しているに限らず科学的にもしっかりとその効果が証明できる様なスタイルで日々行動している様です。

普段のタスクコントロールにウルトラディアンリズムの導入を!

ペレツ・レヴィー氏の研究結果が示唆していることを踏まえると、ビジネスの世界でもこのウルトラディアンリズムは非常に有効活用できるものであることが分かります。

90分20分周期を守ることを大原則とし、その上で日々のビジネスタスクをスケジューリング、コントロールしていくことでより生産性が高まるのはまず間違いないでしょう。

今回の動画ではその90分20分周期に沿ってタスクを進めていく上で必ず理解しておくべきポイントについて詳しく解説しているので、ウルトラディアンリズムを活用して仕事の生産性を劇的に高めたいという方はぜひ最後までご覧になってください。

こちらの記事と動画が少しでもお役に立てればぜひシェアやいいね、コメントを残していただけると嬉しく思います。