Pocket

どうも、内田です。

今回は、簡単な方法で認知能力を劇的に上げる!15分ルーティンで常に頭をクリアに保つ方法という内容の動画となります。

落ち着いて椅子に座り作業することで生まれる弊害

ネットビジネスを実践されている方の99%はデスク上にPCを置き、自身は椅子に座った状態で長時間作業をしていると思います。

もちろんそれは何の変哲もなく当たり前のことなのですが、実は脳科学の観点で言うとその状態で長時間集中し続けることは非常に難しいということはご存知でしょうか?

実は最近の脳科学の世界では、人間は15分以上椅子に座り続けていると、立っているときに比べて大幅に認知能力が低下すると言うことが分かったのです。

しかもそれに合わせて、1日6時間以上椅子に座って仕事をしている人はいくら日常的に運動をしっかりしていても、1日3時間しか椅子に座らない人と比べて、15年以内に死亡するリスクは40%も増えるという研究結果も発表されています。

本来人間は立って生活する生き物

現代に生きる我々は人類至上、最も長い時間椅子に座って生活をしていると言われています。

古来の狩猟民族時代から人間はずっと立って生活しながら進化してきましたし、実際にその当時の脳と現代に生きる人たちの脳はそれほど変わりがないということも分かっています。

要は脳自体はさほど昔と変わっていないにも関わらず、コンピューターが普及する速度が速すぎてライフスタイルだけが大幅に変化してきてしまいこの様な自体になっているということです。

15分ルーティンを取り入れて工夫しながら仕事を!

ただやはりネットビジネスをしている我々にとっては長時間座ることを避けるのは難しいです。

理想はスタンディングデスクなどの椅子のないデスクスタイルを取り入れたいところですが、それも全員が簡単に導入できるものでないと思います。

ですから、椅子に座って長時間作業をする場合は最低でも15分に1度は席から立ちましょう。タイマーを活用して15分に一度は立つ様にするだけ。

そうするだけで死亡リスクは軽減できますし、認知能力や集中力も落ちることなく作業ができます。

私自身も普段いつもYoutubeに公開している動画を撮影する際は事務所で一人で立って録音していますし、書き仕事をする際もなるべく15分に1度は立つ様にしています。

タイマーもアップルウォッチを買ってしっかり時間をコントロールして仕事をしていますが、やはり15分に1度立つだけにも関わらずなぜかずっと頭がスッキリした状態を保つことができています。

この15分に1度立つというルーティンはお金も掛からず誰でもすぐにできることですしシンプルながらも非常に良い効果がありますので、ぜひあなたもこの動画をご覧頂いて15分ルーティンを取り入れてみてください。