Pocket

どうも、内田です。

今回は、Amazonプロモーション管理の使い方と設定方法についての解説動画となります。

Amazonプロモーション管理とは?

Amazonプロモーション管理
Amazonプロモーション管理

Amazonプロモーション管理は、ユニットセッション率を高める施策を打てるサービスです。

具体的に打てるプロモーション施策は以下の4つです。

1.配送料無料

2.購入割引

3.1点購入でもう1点プレゼント

4.告知のみ

各施策を上手く活用することで、ユニットセッション率を高めることができます。

そもそもユニットセッション率とは?

ユニットセッション率が何なのか分かっていない人は、まず先にそちらの疑問を解決しておきましょう。

ユニットセッション率とは、1商品あたりのPVの内、どれくらい商品が購入されているかの割合を数値化したもの

簡単に言えば、ユニットセッション率が高ければ高いほど、実際に商品ページを見てくれた人のほとんどが商品を購入してくれている、ということを意味します。

つまり、ユニットセッション率が高ければ高いほど、少ない労力で売上を上げることができているということです。ですから、ユニットセッション率は高ければ高いほどいいということですね。

ユニットセッション率は様々な数値の中でも特に大事な項目の一つですのでしっかり覚えておきましょう。

自分が取り扱っている商品のユニットセッション率を確かめる方法

自分が取り扱っている商品の各ユニットセッション率は、Amazonセラーセントラルのレポートタブにある、ビジネスレポートのASIN別トラフィックから確認できます。

ユニットセッション率の確認方法
ユニットセッション率の確認方法

ASIN別の詳細ページ売上・トラフィックをクリックすると、ユニットセッション率を確認することができる↓

ユニットセッション率
ユニットセッション率

Amazonプロモーション管理で使える4つの機能

では、ここからは各プロモーション機能について解説していきます。

配送料無料

配送料無料のプロモーション機能を活用すればどの様なことができるのかというと、例えば、お客様が自分の商品を5000円以上購入してくれた場合、すべての商品の注文を配送料無料で発送しますよというキャンペーン情報を商品ページに表示させることができます。

これは普段ネットショッピングをしていてもよく見かけるプロモーションの一つだと思います。(ユニクロのオンラインストアでも同じプロモーション施策が打たれています。)

この配送料無料というのはネットショッピングをする際には非常に重要な部分の一つで、ここが無料になるのはとても大きなインパクトがあると思います。

通常はネットで何か買い物をした場合は必ず配送料が掛かるというのが常識なので、これが無料になるだけでも相当顧客の購買意欲は高まります。

とはいえ、そもそもAmazonではプライム会員の方であればどの商品をいくらで購入しても送料無料なので、これはFBAを利用せずに自社で商品を発送する場合に有効な施策と言えます。自社発送をされている方には活用を検討する余地があると思います。

購入割引

購入割引はどういったプロモーション機能かというと、例えば、購入金額が5000円以上の場合、500円キャッシュバックしますよ、という様な設定や、商品を3個以上まとめて購入した場合は20%割引しますよ、という様な設定が可能です。

購入割引も顧客の購買意欲を高める施策の一つで、このプロモーション機能を上手く活用すれば、商品の購入点数が上がりやすくなり、客単価の向上が見込めます。

このプロモーション施策もリアル店舗やネットショップの世界では頻繁に行なわれているので、どういったものなのかは簡単にイメージできると思います。

1点購入でもう1点プレゼント

1点購入でもう1点プレゼントはその名の通り、指定商品を購入して頂ければもう1点追加で商品をプレゼントしますよ、というプロモーション施策です。

もちろんこのプロモーション機能も、追加で1点プレゼントする商品が良いもの(購入して頂いた商品と関連線がありシナジーがあるものという意味)であれば、強力なプロモーション施策となり得ます。

その逆、購入して頂いた商品とあまり関連性のないものであれば、このプロモーション施策はあまり有効でないものとなってしまう可能性が高いので、どういった商品をプレゼントするのか、商品選定には注意が必要です。

告知のみ

告知のみというプロモーション機能は至ってシンプルな機能で、各キャンペーン情報を告知(表示)することができます。

こちらの機能はあまり使う機会はないかも知れませんが、配送料無料、購入割引、もう1点プレゼント以外で何か告知したいキャンペーン情報がある場合は、こちらの機能をぜひ活用されてください。

Amazonプロモーション管理のメリットデメリット

では次は、Amazonプロモーション管理を活用することで得られるメリットと被るデメリットについて解説していきます。

まずはメリットから解説します。

Amazonプロモーション管理のメリット

Amazonプロモーション管理を活用することで得られる最大のメリットは、やはりPVとユニットセッション率の増加による売上UPでしょう。

これが最大のメリットと言えると思います。

まず、Amazonプロモーション機能を活用すれば、商品の検索結果画面にキャンペーン情報が表示されます。

キャンペーン情報
キャンペーン情報

画像赤枠部分がそれにあたりますが、この表示があるのとないのとでは、やはりPVに多少なりとも影響があります。

もちろん、実際に商品ページをクリックして中身を見られた時にはより詳しくキャンペーン情報を確認することができますから、顧客がその情報を見ることによってユニットセッション率が高まるということは自然な流れです。

少なくてもキャンペーン情報の表示がないよりある方が顧客の購買意欲が高まるのは確実でしょう。これらの理由がプロモーション管理を活用することで得られるメリットです。

Amazonプロモーション管理のデメリット

プロモーション管理を活用することで被るデメリットとして挙げられるのは、利益の圧迫です。

配送料無料、購入割引、もう1点プレゼントのどの施策にも言えることは、自社の利益を削ってお客様に還元する、ということなので、どのプロモーション機能も使えば使うほど、自社の利益は圧迫されます。

これは当たり前といえば当たり前ですが、しっかり理解をしておかなければならない部分です。

ですから、プロモーション機能を活用する場合は、自分が打つプロモーション施策で1商品あたりどれくらいの負担が増えるのかはしっかりと理解した上で活用することが大切です。

プロモーション管理機能は、上手に活用すれば非常に効果のある施策であることは間違いないですから、上記のメリットデメリットをしっかりと理解した上で的確に機能を活用することを目指しましょう。

Amazonプロモーション管理の設定方法

ではここからは、プロモーション機能の設定手順についてお教えしていきます。

まず、プロモーション機能を設定する際は、Amazonセラーセントラルの在庫タブにある「プロモーション管理」から行います。

Amazonプロモーション管理
Amazonプロモーション管理

画像赤枠部分の「プロモーション管理」をクリックしたら、次はプロモーションをする商品の選択を行います。

プロモーション対象商品の選択手順

まずは、「商品セレクションを管理」をクリックします。

商品セレクションを管理
商品セレクションを管理

次は、「商品セレクションのタイプ」をクリックします。

商品セレクションのタイプ
商品セレクションのタイプ

すると、「商品セレクションのタイプ」というボタンが現れるので、そちらをクリックし、任意の項目を選択します。

任意の項目を選択
任意の項目を選択

この時、画像赤枠の様に、5つの選択可能な項目が表示されます。

この任意の項目というのは、どの項目を使ってプロモーションをする商品を選択するか選ぶ、ということです。

今回はSKUリストを選択してプロモーション設定を進めていきます。

SKUリストを選択した状態で、「商品セレクションを作成」をクリックします。

商品セレクション作成
商品セレクション作成

すると、商品セレクション作成ページに切り替わるので、指定の入力項目を全て入力します。

入力項目
入力項目

入力項目は3つです。

1.商品セレクションの名前/トラッキングID

2.内部向けの説明

3.SKUリスト

1.商品セレクションの名前/トラッキングIDには、アルファベットと半角数字を使って任意の8文字を入力してください。

2.内部向けの説明は、商品購入者には一切表示されない部分です。自分で後からプロモーション設定を見直す際に何か記しておきたいことがあれば任意で入力されてください。

3.SKUリストには、プロモーションの対象とする商品のSKUを記入します。この時、複数の商品にプロモーション設定を掛けたい場合は 1SKU毎に改行し、SKUを入力されてください。

入力項目を全て確認し、問題なければ「送信」をクリックします。

プロモーション対象商品選定完了
プロモーション対象商品選定完了

これでプロモーション対象商品の選定は完了です。

次はプロモーションタイプの選択と設定を行います。

プロモーションタイプの選択と各機能の設定手順

ではここからはどのプロモーション機能を使うのかの選択と、各機能の設定手順について詳しく解説していきます。

記事冒頭でもお伝えしている通り、設定できるプロモーション機能は4つあります。

1.配送料無料

2.購入割引

3.1点購入でもう1点プレゼント

4.告知のみ

各機能のメリットデメリットは先ほど解説が済んでいるので、ここからは各機能の設定手順について解説していきます。

配送料無料の設定方法

ではまずは配送料無料の設定方法から解説します。

まずはAmazonセラーセントラル在庫タブ内、プロモーション管理をクリック。

Amazonプロモーション管理
Amazonプロモーション管理

次は「プロモーション作成」をクリックし、「作成」をクリック。

配送料無料
配送料無料

すると、実際に配送料無料のプロモーション作成ページに切り替わるので、指定の項目を全て入力、選択していきます。

ステップ1:条件

まずは、ステップ1:条件の部分から入力していきます。(画像赤枠部分)

配送料無料プロモーション作成ページ
配送料無料プロモーション作成ページ

画像赤枠部分の上から順に解説していきます。

まずは適用条件ですが、これはクリックするとプルダウンリストが表示されます。

適用条件選択
適用条件選択

購入最低額を超えると配送料無料にするのか、もしくは購入最低数量を超えた場合に配送料無料にするかを選択します。

基本的には購入最低額を超えた場合に配送料無料にするのが王道です。もちろん、購入最低数量で設定するのもダメではありませんので、ご自身の好きな設定方法を任意で選択してください。

購入最低金額で設定する場合は画像右側の赤枠内に指定の金額を入力します。購入最低金額を3000円にするか5000円にするのかはあなたの販売する商品の単価や利益などをしっかりと計算した上で設定されてください。

購入最低数量で設定される場合は個数を入力します。画像は1になっていますが、最低購入数量が3個から設定したい場合は3と入力しましょう。

適用条件を決めた後は、プロモーション対象商品を選択します。

次は購入商品の「1つ選択してください」をクリックしてください。

購入商品
購入商品

すると、プルダウンリストが表示されるので、対象商品を選択してください。

対象商品選択
対象商品選択

この時、商品セレクションリストを作成していない方は、プルダウンリスト横に青字で表示されている「商品セレクションリストの作成」から作成することができます。

この記事を上から順の通りに設定を同じように勧められている方はすでに商品セレクションリストを作成されていると思いますので、今回はテストで作成した商品セレクションリスト「テストプロモーション」を使って設定を進めていきます。

商品セレクションリストが選択できたら、次はプロモーション内容を確認します。

プロモーション内容
プロモーション内容

ここはプルダウンリストをクリックしても何も変更できないので確認のみで大丈夫です。

次は、対象配送オプションの設定を見ていきます。

対象配送オプション
対象配送オプション

ここでは画像赤枠部分をクリックすると、詳細な対象配送オプションの設定が行えますが、基本的にはデフォルトの状態で問題ないです。気になる方はクリックして中身を確認してみてください。原則は標準設定で問題ないと思います。

では次、詳細設定オプションです。

プロモーション対象除外
プロモーション対象除外

詳細設定オプションでは、プロモーション対象から除外したい商品を選択したりできます。

必要であれば設定しましょう。

これでステップ1:条件の設定は完了です。次はそのままページ下部のステップ2の実施時期の設定を進めていきます。

ステップ2:実施時期
ステップ2:実施時期
ステップ2:実施時期

上から順に解説していきます。

まずはプロモーションの開始日と終了日を設定します。

開始日時・終了日時
開始日時・終了日時

ここで指定した日程の通りにプロモーションが打たれることになるのでしっかり任意の日時を設定しておきましょう。

最初は1週間程度の期間で設定してテストプロモーションしてみると良いと思います。

次は出品者内部向けの説明の入力です。

出品者内部の説明
出品者内部向けの説明

こちらに入力するものは購入者には表示されませんが、自分が後から見直したりする際にわかりやすいような施策名を入力しておくといいでしょう。入力は必須ですので、しっかりプロモーション名を入力しておいてください。

ステップ2の最後はプロモーショントラッキングIDの確認です。

プロモーショントラッキングID
プロモーショントラッキングID

こちらも任意の数値を入力することができますが、原則はデフォルトのままを推奨します。(十分わかりやすいので。)

これでステップ2:実施時期も入力完了です。

ステップ3:追加設定

最後がステップ3の追加設定項目です。

追加設定項目
追加設定項目

ここではプロモーションコードの設定と独自メッセージの設定ができますが、どちらも通常はそのままの設定で大丈夫です。

もし独自に設定をしたい場合は下記ページを参考に設定されてください。

プロモーションの詳細な設定

最後、「プレビュー」をクリックしてください。

そうすると、プロモーションの設定内容の確認ページに移ります。

プロモーション設定内容の最終確認
プロモーション設定内容の最終確認

ここでステップ1〜3までの中身を最終確認し、問題なければ「送信」をクリックします。

配送料無料プロモーション設定完了
配送料無料プロモーション設定完了

これで配送料無料のプロモーション設定が完了です。

購入割引の設定方法

では次は「購入割引」のプロモーション設定方法についてご紹介していきます。

まずはAmazonセラーセントラルの在庫タブをクリック→プロモーション管理をクリックします。

Amazon プロモーション販売

プロモーション管理に移動後、購入割引をクリックします。

Amazon プロモーション販売

すると、下記画面に移りますので、項目を入力していきましょう。

Amazon プロモーション販売

・適用条件:購入最低数量/購入最低額/購入数量ごとのどれかを選択します。基本的には購入最低数量がおすすめです。(購入最低数量・・・何個以上で割引するのか)

・購入商品:ASINで特定の商品を選択するかカタログ全体かを選択。

・プロモーション内容:割引を価格で指定するか%で指定するか選択。右の□には割引額を指定。

・次に適用:購入商品か適用商品かを選択。適用商品の場合は指定の商品のASINを入力。

実施機関については、出品者内部向けの説明のみ設定してください。これは購入者には表示されるものではなく、管理者が管理するためのプロモーション名です。その他は指定したい場合のみ入力してください。

では最後にステップ3の入力へ移ります。

Amazon プロモーション販売

プロモーションコード:プロモーションの適用と引き換えにコードの入力を仕様する場合(プロモーションコードを購入者に連絡する必要あり)

・1購入者あたり1回のみ有効:1人一回の利用に限る場合はチェック。

・プロモーションコード:このコードは自身で入力しても構いません。

・プロモーションコードの組み合わせ可否:他のプロモーション設定と組み合わせない場合は排他的を選択。

設定項目は以上です。最後はプレビューで確認後、問題なければ「送信」をクリックして完了です。

1点購入でもう1点プレゼントの設定方法

次は1点購入でもう1点プレゼントの設定方法について解説していきます。

まずはAmazonセラーセントラル在庫タブ内、プロモーション管理をクリック。

Amazonプロモーション管理
Amazonプロモーション管理

次に、下画像赤枠部分にあるプロモーションを作成タブが選択されていることを確認し、画像右赤枠にある作成をクリックします。

1点購入でもう1点プレゼント
1点購入でもう1点プレゼント

ここからは、先ほどと同じくステップ1:条件の上から順に指定の項目を入力していきます。

ステップ1:条件
ステップ1:条件
ステップ1:条件

上画像赤枠内の各項目を上から順に埋めていきましょう。

各項目の詳しい設定内容は配送料無料や割引設定と全く同じですので、そちらを参考に設定されてください。

(もちろんこちらの設定を行う前に商品セレクションリストの作成は必須ですので注意されてください。)

ステップ1:条件の設定が済んだら次はステップ2:実施時期の設定に移りましょう。

ステップ2:実施時期
ステップ2:実施時期
ステップ2:実施時期

こちらも各項目の設定は配送料無料、割引設定と全く同じです。

任意の開始日と終了日を設定し、プロモーション名を入力。最後プロモーショントラッキングIDはそのままでの設定を推奨します。

入力が済んだら、最後にステップ3:追加設定を確認します。

ステップ3:追加設定
ステップ3:追加設定
ステップ3:追加設定

特にプロモーションコードや独自のメッセージなどを設定しない場合はそのままスルーして大丈夫です。(設定する場合は記事上部にある配送料無料の設定方法のステップ3:追加設定に記載してあるヘルプページを参考にされてください。)

最後にステップ1から3まで入力した情報が間違っていないか全て確認し、問題なければプレビューをクリック。プレビューで自分の設定に間違いがないか最終確認、問題なければ送信をクリックして設定完了です。

告知のみの設定方法

最後4つ目の設定は、告知のみの設定です。

告知のみの設定を行う場合もはじめの設定手順は同じになります。

告知のみ
告知のみ

まずはプロモーション管理からプロモーションを作成タブを選択していることを確認し、告知のみの作成をクリックします。

各情報入力
各情報入力

ここからは他のプロモーション設定と同じ手順でステップ1〜3までの指定項目を全て上から入力していきます。

入力が全て済んだらプレビューをクリックし、入力した情報に間違いがないか確認し、問題なければ送信をクリックして設定完了です。(告知のみの設定はあまり使う機会はないと思います。)

最後に

ここまでAmazonプロモーション管理について詳しく解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

プロモーション管理にある4つの機能を上手に活用して頂ければ、PVとユニットセッション率を高め、効果的に売上UPへと繋げることができます。

各プロモーション機能の設定方法も上に記した通りですので、ぜひ自社の商品販売に活用されてみてください。今回も最後までご覧いただきありがとうございました。